top of page

​土佐沖の島塩業

高知県宿毛市「沖の島」

足摺宇和海国立公園の美しい

離島で美味しい塩作りを

そして沖の島振興へ

土佐沖の島塩業。創業者は実は沖の島出身者ではない。2019年に地域おこし協力隊として愛知県名古屋市から人口約100人の過疎化が進む高知県宿毛市の離島「沖の島」へ移住。3年間の沖の島振興業務を続ける間に沖の島に魅了され、地域おこし協力隊の任期満了後も大好きな島で暮らし続ける為に、恩返しをする為に沖の島振興に繋がる生業を起業することを決意。高知県黒潮町の製塩事業者の師事を受け、塩づくりの基本を学び、2023年に土佐沖の島塩業を起業。以来、風と太陽の自然の力で丁寧に天日塩をつくりあげている。美味しい塩をつくることで島の知名度を向上させ、沖の島振興に繋げることを経営理念としている。

29_edited.jpg

​土佐沖の島塩業 代表:中垣 慶祐

bottom of page